Salesforce導入ステップ

■ Salesforceの導入から定着化、運用・保守までお客様と共に、お客様にとって最適な業務プロセスを実現します。

要件定義

システム化に向けた要件を決定します。

  • 現在のビジネス要件・業務フローを分析し、Salesforce導入後の業務フローを確定します。
  • システム要件とSalesforce標準機能による実現性(課題抽出、Fif&Gapなど)を検討します。
  • Salesforceによる業務要件を確定するため、"作成→レビュー→修正"を繰り返し行い、
    お客様と認識の共通化を図り、システム化要件を確定します。

実装・開発

Salesforceにてシステムを構築します。

  • 標準機能によりシステム化要件を実装します。
  • Visualforceを使用しアプリケーションの開発ユーザインターフェースをカスタマイズします。
  • お客様システムからSalesforceへデータを移行します。

稼動準備

システム稼動に向けた準備をします。

  • 使用者へのトレーニングを行います。

定着化

システムの定着化を図ります。

  • 入力を促すとともにデータとして蓄積します。

運用・改善

入力されたデータを分析し課題抽出や業務改善に使用します。

  • レポート、ダッシュボードの活用
  • BIツールへの連携
  • システム機能の追加、改善

取り組み

■ Salesforceの自社導入からサービスの導入支援へと取り組んでいます。

導入実績

■ 数多くの業界業種へのSalesforce導入支援、Force.comによる開発、導入後の運用支援などの多くの実績と経験を積んでおります。
  • 保険業

    • KPI評価
    • 資料請求
    • 申込管理
  • 卸売業

    • 営業支援
    • 予実分析
    • 日報管理
    • 実績管理
  • 広告業

    • 基幹システム(営業/人事/経理)
    • ダッシュボード
  • 情報サービス業

    • プロジェクト管理
  • 銀行・信託業

    • CRM構築
  • 通信業

    • 実績管理